交通事故の解決は、交通事故専門弁護士に相談をしてからに

交通事故弁護士相談

交通事故のリスクに関して

交通事故のリスクは皆が平等に持っています。

自動車を日常的に使う人々は普通の人々よりも確率が跳ね上がります。

地方では特に通学や通勤の足として、マイカーがよく利用されています。都市部の場合、郊外の街でもバスや電車などの公共交通機関が整備されています。そのため、駅まで距離があったとしても、自宅周辺のバス停まで少し歩けば、バスを乗り継ぐ形で主要な駅前まで簡単にアクセスする事が出来ます。

一方で地方の街だと、そもそも公共交通機関が不足しており、マイカーで直接駅や職場、そして学校などに向かった方が近道です。

意外な事かもしれませんが、その結果として人口が多い都市部よりも、実はマイカーの利用率が高い地方の街の方が交通事故のリスクが高く、特に大きな怪我や損傷を負いやすいです。職場や学校に遅刻しそうだからといって、狭い路地を猛スピードで駆け抜けるマイカーも少なくありません。

自動車同士の衝突事故は定期的に起きており、無茶な運転をするドライバーが、ハンドル操作を誤って、安全運転をしている自動車に追突する事故が、毎年多発しています。

交通事故被害者は泣き寝入りすることも

交通事故に遭遇した後は、出来る限り早く、交通事故弁護士相談しなければいけません。交通事故に強い弁護士は、被害者に寄り添って必要な賠償金を勝ち取ってくれるのです。なぜなら、事故に遭った場合、ひどいドライバーやひどい加害者側の保険会社担当者に、2度泣かされるからです。交通事故被害にあったら、弁護士だけが心強い味方です。

交通事故の怖い点は善良にハンドルを握り、安全運転を常に心がけている普通のドライバーでも、巻き込まれる形で遭遇するところにあります。いくら自分が交通法規や制限スピードを守っていても、後方や前方から乱暴なトラックや猛スピードで駆け抜ける自家用車に衝突されれば、事故に遭遇します。

また更に怖い点はそういった交通法規や制限スピードを守らない乱暴運転をするドライバーは、いざ事故の加害者になった時も、自分の過失をまず素直に認める事はありません。客観的に見れば明らかに無理がある理屈で、逆に普通に運転していた被害者の方が過失がある、といった風に責任を覆い被せて来ます。もちろん加害者全員が、屁理屈をこねるわけではありませんが、交通事故の被害に遭遇したにも関わらず、乱暴な加害者の言動のせいで、正当な被害回復の申し入れを出来ず、泣き寝入りしてしまった被害者の方々は世の中には決して少なくはありません。

当事者同士で交通事故の解決を図る事は、実はかなりリスキーな行為です。優しくて真面目なドライバーの方は、ついついその場で相手の言い分を聞いてしまい、また事故を出来る限り早く解決しようと努力しますが、その誠実さに加害者は漬け込んできます。

事故解決の作業を弁護士に代行してもらえば、被害者の正当な権利主張ができ、また加害者の無理な言い分を打破出来ますので、とにかく現場でのスピード解決はむしろ避け、弁護士に相談を仰ぐべきです。