怪我しているのに物損事故にされたとき

物損事故として認定

交通事故にあってしまい、怪我をしているのに物損事故として処理されてしまったらどうすれば良いのかというと、人身事故に切り替える事が必要です。何故なら物損事故にしてしまうと沢山のデメリットがあるからです。どのようなデメリットがあるかというと、まず相手に請求する賠償金が物損だけなので非常に少なくなってしまいます。また怪我をしている為に病院に通院しても当然治療費は一切出ませんし、事故による障害が残っても慰謝料は支払われませんので、かかる治療費は全て自腹になってしまいます

他にも物損事故だと警察は簡単な証明書を作成するだけで実況見分調書は作成されません。その為、後で加害者との間に過失割合の争いが発生した場合に、当時の事故の状況を証明できる資料がなく困ってしまいます。このように物損事故として届け出ると被害者にとっては色々なデメリットがあります。
一方人身事故に切り替えれば沢山のメリットがあります。まず加害者に多額の賠償請求をする事が出来るようになります。治療費や病院へ通う交通費、入院費や慰謝料、怪我で仕事を休まざるを得なくなった場合は休業損害や後遺症があれば後遺障害慰謝料等さまざまな費用を計算して賠償金として請求できます
また警察が事故の状況を記録した実況見分調書を作成してくれるので、後に加害者と争いになった時にもきちんと事故当時の詳しい状況を証拠として残す事が出来るので安心です。

態度が悪ければ他の対象も

他にも加害者が反省の態度がない時は場合によって刑事罰を受ける対象にもなりますので泣き寝入りする心配もありません。
ではどのように物損事故から人身事故に切り替えれば良いのかというと、まず警察に届出をするという方法があります。

しかし警察もすんなりと応じてくれない可能性があるので注意が必要です。その理由は実際に切り替えとなると現場検証や実況見分調書など細かい書類を作成しなければならなくなります。警察にしたら交通事故など日常茶飯事のようなものなので少しでも仕事を省きたいという心理が働いてしまいます
基本的に切り替え手続きには期限や期間は設けられていませんが数ヵ月後や数年後に出せるというものでもありません。何故なら数年後に届出を出してもそれを受け取る警察は、その診断書は本当に事故によるものかと疑ってしまうからです。

なので事故後1週間~10日ぐらいの間に医者の診察を受けて診断書をもらい、それを提出すれば認められる可能性も高くなります。とにかく事故後に痛みが出てきたらすぐに病院に行き、診断書を書いてもらう事が重要です。
警察に届け出ても却下されてしまった場合は、加害者の保険会社に「人身事故証明入手不能理由書」というものを提出するという方法があります。これは「何故今回の事故が人身事故なのに、事故証明書を入手できないのか」という事を証明する為の書類です。

人身事故への対応

これを提出して保険会社が人身事故として認めてくれた場合、民事的には人身事故として請求する事が可能になり慰謝料を請求する事が出来ます。
これでも保険会社が人身事故扱いにしてくれなかった場合は、裁判を起こし裁判所で認定してもらう必要があります。その場合は弁護士に対応を依頼する事になります。弁護士が入る事で保険会社も切り替えを認めてくれる場合がありますし、それでも認めてくれない場合は裁判で争い、怪我が事故によるものだと立証できれば賠償金請求が可能になります

このように怪我をしているのに被害者側が相手を気遣って変に妥協して物損事故としてしまうと、結局被害者側が大きく損をする事になるので、交通事故で怪我をしているのであればしっかりと人身事故へと切り替える事が自分を守ることにもなるので必要です。