免許証

人身事故の交通事故を起こしたときの免許違反点数について

日本は車社会のため、運転をしていてもいなくても交通事故に巻き込まれる可能性があります。国民の安全を守るために、交通安全として様々な規則が定められています。

運転免許を取得すると、持ち点として最初に15点が自動的に与えられることになります。しかし交通事故や違反を起こすことによって、そこから点数が累積されていくことになります。一定の基準をこえると、免許停止などの措置がとられるという仕組みです。

物損事故

事故の種類は様々なものがありますが、物損事故は原則的に違反点数がありませんし、罰金を支払う必要もありません。しかし人身事故を起こした場合には、被害者の負傷程度とは別に、まずは安全運転義務違反として基礎点数として2点が加算されることになります。

人身事故

事故の内容などは関係なく、人身事故を起こしたというだけで2点が加算されます。そして安全運転義務違反の他に、被害者の負傷程度によって不可点数が加算されることになっています。被害者が軽傷で治療期間が15日未満である場合には2~3点の累積になります。運転手が一歩的な不注意で事故を起こした場合は3点で、被害者にも過失があると認められれば2点です。

そして治療期間が15日以上30日未満の場合では、一方的な不注意で事故を起こした場合は6点、相手にも過失があれば4点になります。6点になると30日以上の免許停止期間に該当することになりますから、一方的な不注意で被害者に15日から30日の治療期間が必要な事故をおこしたら、前歴がなくても免許停止になります。

もし免許停止の前歴がある場合には、6点未満でも免停です。また被害者が重症となり、治療期間が30日以上3ヶ月未満になった場合は、運転手側の不注意による事故の場合は9点になり、相手に過失がない場合は6点になりますが、どちらにしろ免停の処置がくだされます。さらに治療期間が3ヶ月以上となり、被害者に後遺障害が残ってしまう場合には、一方的な事故の場合には13点、相手に過失がある場合でも9点の累積になります。

免停期間もこれまでの期間よりも長くなり、60日から90日以上という厳しい判断が下されます。最後に人身事故を起こして死亡事故をおこしてしまった時は、相手に過失があった場合は13点の累積になり、免許停止期間が90日以上です。

免許取り消し

運転手の不注意によって起こした人身事故で被害者が死亡した場合には、付加される点数は20点になるだけでなく、免許は停止ではなく取り消しになります。

つまり取得した運転免許は使用できなくなり、権利は失効します。そして絶対にやってはいけないことが、交通事故を起こしているにも関わらず、現場から被害者を救助することもなく逃げてしまうことです。いわゆるひき逃げですが、これらは措置義務違反に該当するので、免許違反点数の累積とは別に、35点が加算されることになります。当然から35点以上になると、交通違反を起こした前歴がなくても免許取り消し期間が3年になります。前歴があった場合では、35点未満でも免許取り消し期間は1年~3年と長くなっていますから、慎重に運転をすることが重要だといえます。

また交通事故の中でも人身事故を起こした場合は、免許取り消しや停止期間があるだけでなく、自動車点死傷行為処罰法として罰金刑だけでなく懲役刑を受けることになります。民事処分として被害者に慰謝料を支払わなければなりませんし、それだけでなく刑事責任が問われることもありますから、懲役刑や罰金の支払いなど様々なペナルティが存在しています。交通事故は完全に防ぐことは難しい現実がありますが、それぞれが気をつけて思いやりのある運転をしていれば、最小限に防げるものだといえます。