交通事故で活用したい弁護士特約

弁護士費用特約

交通事故示談で心強い味方は弁護士

交通事故の示談交渉などでは弁護士に依頼を出すことにより、迅速な交渉をしてくれるだけでなく、示談金のアップや裁判に発展した場合でも負担の少ない形で行ってくれるなど、頼りになる面が多々あります。しかしながら、実際に依頼するとなると費用面で結構かかるのではないかという心配がつきまといます。結果的に手にする金額は同じなのではないかということになれば、わざわざ依頼をする必要を感じないというのは仕方ない部分です。こうした時に活用したいのが弁護士特約です。

弁護士特約は自動車保険のオプションについているものであり、通常の自動車保険にわずかなお金をプラスして入ることができ、こうした費用を負担してくれるという性質のものです。パターンとしては、保険会社が指定する弁護士でなければならないパターンや、自分たちで探してきた人でも大丈夫なパターンなどがあります。ただ、いずれの場合も特約の中で仕事をしてくれるため、こちらとしての負担はありません。保険会社が指定するケースを始め、たいていの場合は交通事故の案件に詳しい人が担当するため、腕の差が如実に出るようなことにはなりにくいのも事実です。

交通事故弁護士特約とは?

実は知らず知らずのうちにこうした特約に入っているという人は多く、自動車保険に加入する人の半数以上はオプションとしてつけています。しかし、実際にこれを使用する人はかなりの少数です。元々弁護士特約がオプションとしてあることを知らなかった、利用できるケースがわからない、自分で示談交渉をしてしまったなど理由は様々です。ぜひとも活用したいケースとしてもらい事故があります。被害者側の過失が全くないと保険会社は動いてくれません。そのため、示談交渉を自分で行う必要があります。こうした時に活用することができれば、精神面での負担なども軽くなります。

実際のきっかけとしていいのは、相手がなかなか交渉に応じないという場合や過失割合を巡り、かなりもめている場合、後遺障害の認定の手伝いをしてほしい場合などです。最初は出方を見て、あまりに状況が好転しないという場合には伝家の宝刀として使うというのもおすすめです。

一方使えないケースも一応ありますが、天変地異のケースや麻薬などを吸引して運転し交通事故を起こした場合など、明らかに通常のケースとは異なるものとなっています。このため、普通に交通事故に巻き込まれたという場合であればだれでも活用することができます。