交通事故の本人訴訟をするケース

裁判所

交通事故の本人訴訟とは?

交通事故の本人訴訟をするなら、加害者側が任意保険に加入していない場合で、被害者が軽傷のケースにしておいたほうが無難です。交通事故は極めて専門性の高い分野であるため、相手方が任意保険会社であったり、重傷だったりした場合、まったくの素人である被害者が個人で太刀打ちできる場ではありません。法律は、弱者の味方ではなく、法律を知る者の味方であるという側面もありますから、本人訴訟にするかどうかには、十分な検討が必要です。

一般的に、交通事故で本人訴訟となるのは、加害者が任意保険会社に加入しておらず、加害者に賠償能力があると見受けられ、しかも被害者が軽傷の場合のようです。こうしたケースなら、本人訴訟してもいいでしょう。調停という方法も考えられますが、加害者が不誠実という印象がある場合は、被害者としては加害者が調停の場に現れないこと、またはいかなる調停案であっても拒否することが予想されるわけですから、裁判に至るしか方法がないでしょう。

裁判の場はどうなるのか?

裁判の場では、和解勧告されることが多いです。軽傷の場合は、賠償額がそれほど高額にはなりませんから、加害者側も裁判まで持ち込まれたら、和解に応じるケースが少なくないようです。判決まで至ったら、さらに厳しい内容となることが予測されますし、裁判費用の支払い命令が出る可能性もあるからです。加害者が控訴しても、その結果が加害者にとって良いものとなるとも限りません。支払いを先延ばしにすると、利子がかかってきます。賠償能力があると見られる加害者なら、被害者が裁判にまで至った以上は、給料の差し押さえも辞さない姿勢であるとわかるでしょうから、和解に応じて、すぐ支払いをする可能性もあります。

こうしたケースなら、本人訴訟をした甲斐があるというものでしょう。弁護士の意見やアドバイスなどは、受けておきたいところですが、委任までしなくても、こうした方法で対処できないことはありません。しかし、相手方が任意保険会社であった場合は、他の方法を考えたほうがいい場合が多いです。任意保険会社の顧問弁護士は、損害賠償額を減らすことを毎日、何年間もおこなっているプロ中のプロです。被害者個人が対等に渡り合うことは到底無理です。裁判官にどう訴えるべきか、どう進めていくべきかなどは、被害者はまったく知らないことです。示し方がわからず示せない場合、裁判で斟酌されることはありません。そうしたことも踏まえ、弁護士に頼ったほうが得策です。