交通事故によって高次脳機能障害を受けた場合、弁護士の働きについて

交通事故

交通事故で頭部の後遺症

交通事故というのは誰の身にも起きる可能性のあるものです。
被害者には過失割合が全くないのに、重大な後遺症がの追ってしまうこともあるのです。
このような場合には示談を弁護士に任せるのが妥当と言えるでしょう。
示談を行う相手は保険会社の示談交渉のプロですから、示談について素人の個人では適正な損害賠償金や慰謝料を受け取ることが難しいからです。
特に高次脳機能障害のような専門的な知識の必要な後遺症が残ってしまった場合には、医師と弁護士の双方からの専門的知識に頼って立証活動を行う必要があるのです。
ではこの高次脳機能障害とはどのようなものなのでしょうか。
またなぜ専門的な知識が示談に必要なのでしょうか。
ここではそのことについて紹介していきましょう。
交通事故によって頭部に強い衝撃を受け、脳の特定の部位に損傷を受けた場合、高次脳機能障害が残ってしまう危険性があります。
また水難事故による低酸素脳症や脳血管障害や心筋梗塞など、様々な原因が考えられます。
これは外傷とは異なり、その度合いが判別しにくいのが特徴です。
個人で示談交渉に臨むのは絶対にやめましょう。
このことは専門的な知識が必要になることと関連するのですが、この後遺症は事故前と事故後の生活レベルの差を立証するのがとても困難だからです。

高次脳機能障害の症状

では具体的にどのような症状からこの高次脳機能障害を疑えば良いでしょうか。
まずは記憶障害です。
たった数分前に話した内容を覚えていない、また頼みごとをすぐ忘れてしまうなどがあります。
またメモを渡してもそのメモの存在を忘れてしまう、ということも起こるようです。
注意障害というものもあります。
たとえば2つ以上の事柄を同時に行うことができなくなってしまったり、作業ミスや勘違いが連続してしまうということが相次ぐ時には、周囲の方は後遺症の可能性を疑って見た方が良いでしょう。
また半側空間無視というものも挙げられます。
たとえば自分でものを動かすことができはするものの、ぶつけたり倒したりの可能性が非常に高いという状況に陥ります。
また身体の片側にあるものによくぶつかるようになってしまったりという時にも、半側空間無視の兆候と見て良いでしょう。
他にも失語症や社会的行動障害、てんかんの発作なども考えられます。
外傷が完治したとしても事故前と人格が変わってしまったり、このように以前と違う行動をとるようになったら、この高次脳機能障害を疑ってすぐに弁護士に相談するようにしましょう。